洗面所の掃除に使うものは、浴室用洗剤、重曹、クエン酸、歯ブラシ、布2枚(水拭き用と空拭き用)、スプレーボトル2本です。

重曹とクエン酸はそれぞれ水と混ぜ、スプレーを作ります。
重曹スプレーは水200mlに重曹小さじ2杯を溶かし、軽く混ぜれば出来上がりです。

クエン酸スプレーは水200mlにクエン酸小さじ1杯を溶かし、同じように軽く混ぜます。

洗面台の掃除は、まず鏡から始めます。
鏡にクエン酸スプレーを吹きかけ、約10分放置します。

その間に壁の掃除をします。
重曹スプレーを壁に吹きかけ、固く絞った水拭き用の布で拭いた後、空拭き用の布で拭きます。

鏡の掃除に戻り、鏡を水拭き用の布で拭きます。
細いところ、汚れのひどいところは歯ブラシを使って掃除するとよいです。
仕上げに空拭き用の布できれいに拭きあげて下さい。

次に蛇口部分ですが、洗面台のボウル部分ですが、軽い汚れならお風呂用洗剤で落ちます。
落ちないときはクエン酸スプレーを吹きかけ、スポンジで擦ります。

排水口部分は髪の毛などのゴミを取り除くことから始めます。
排水口に重曹の粉を振りかけます。
量は多めの方がいいです。

同じようにクエン酸の粉を排水口に振りかけ、少しずつ水を流します。
こうすると、化学反応によってもこもこと泡ができます。

泡が出来たら、約10分そのままにします。
細かい部分は歯ブラシで汚れを擦り落とします。

後は水を流し、空拭き用の布で水分を拭き上げます。

最後は床の掃除です。
掃除機でゴミ等を吸い取ったあと、重曹の粉を少しだけ振りかけ、固く絞った水拭き用の布で拭き取ります。

仕上げに空拭き用の布で拭けば完了です。